外壁塗装に使われる塗料について

 

 

住宅が老朽し、1番早く目につくのが外壁です。

言ってみれば外壁がキレイだと古さが目立ちません。

それほど外壁は住宅のイメージを左右する重要な部分です。

老朽したらリフォームを依頼し、傷んでいる部分を補修してもらってきれいな外壁に仕上げてもらいましょう。

 


1.水性と油性がある

外壁塗装で使われる塗料は大きく分けると、水性と油性があります。

水性は落ちやすいがにおいが少ないのがメリット、

油性はにおいがキツイが落ちにくいのがメリットと考えられていました。

最近では技術が向上し、高い耐久性をもつ水性塗料も増えています。

 



2.比較的耐久年数が長い

外壁塗装で使われる塗料はさまざまですが、最近ではラジカルやセラミック、

光触媒、無機塗料、ナノテクなど新しいタイプが開発され注目を集めています。

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素が一般的でしたが、今後は最新の塗料の需要が高まりそうです。

耐久性はラジカルが7年から15年程度、セラミックが10年から25年程度、光触媒が10年から20年程度、

無機塗料が10年から25年程度、ナノテクが10年から15年程度です。

アクリルやウレタン、シリコン、フッ素よりも少し長いことが分かります。

 


3.費用はやや高め

新しいタイプの塗料は耐久性も異なりますが、費用にも差があります。

ラジカルが2300円から4000円程度、セラミックが2500円から4500円程度、光触媒が4000円から5500円程度、

無機塗料が3500円から5500円程度、ナノテクが2500円から5500円程度です。

このように、オーソドックスな塗料に比べると費用が少し高めになります。

 

新しいタイプの塗料は、オーソドックスなタイプよりも耐久年数が長く費用が高めです。

耐久年数が長く塗り替え頻度が少なくなるため、今後もさまざまな場所で使われると予測されます。

 


岐阜県の外壁塗装・屋根塗装はYONEXSにお任せ下さい。

会社名: YONEXS(ヨネクセス)

住所:〒501-3947 岐阜県関市上白金1148-5

TEL:090-6470-2916 / 0575-28-5678
FAX:0575-28-5678

営業時間:8:00~17:00 ※お電話でのお問い合わせは19:00まで対応可能です。
定休日:日曜日

業務内容:建築塗装